2014年01月22日

小林可夢偉選手、F1復帰へ

発表キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

今年はケータハムから出場。
昨年までは下位集団だったので、微妙に不安の残るチームではありますが。
それでも今年はマシンがガラリと変わるので、昨年までの上位チームがマシンを煮詰めて来ない間に何処までいけるか、と言う感じでしょうか。

やっと、KAMUI SUPPORTへの募金も使われるかと思うと、感慨深いですね。
決まらなければ返金なんて話もありましたが、その位ならF1じゃなくても良いからチームのために使って欲しいと思っていたので。
本来の目的で使われるのですから、これ以上に嬉しいことはありません。

さて、固定ナンバーはまだですが、22日、申請中とのこと。メンバーは全員決まりましたね。

レッドブル:ヴェッテル(1[5])、リカルド(3)
フェラーリ:アロンソ(14)、ライコネン(7)
マクラーレン:バトン(22)、マグヌッセン(新/20)
ロータス:グロージャン(8)、マルドナド(13)
メルセデス:ハミルトン(44)、ロズベルグ(6)
ザウバー:スーティル(99)、グティエレス(21)
ウィリアムズ:マッサ(19)、ボッタス(77)
フォースインディア:ヒュルケンベルグ(27)、ペレス(11)
トロ・ロッソ:ヴェルニュ(25)、クビアト(新/26)
ケータハム:小林可夢偉(10)、エリクソン(9)
マルシャ:ビアンキ(17)、チルトン(4)

マルドナドの13番て、周りから反対とかなかったんですかね。気にならない理由があるのかも?(信仰とか、背景的に)
個人的に今シーズンは緑のマシンと跳ね馬のマシンに大注目です。後は、バトンかなぁ。

インディーの方は、まだドライバーがどうなったかなどの発表がないようですね。
もう少し待ちでしょうか。

Super GTもまだのようですね。
こちらもまだ辛抱のようです。
スケジュールは発表になった模様。

第一戦 04/05-06:岡山
第二戦 05/03-04:富士
第三戦 05/31-06/01:オートポリス
第四戦 07/19-20:菅生
第五戦 08/09-10:富士
第六戦 08/30-31:鈴鹿
第七戦 10/04-05:タイ
第八戦 11/15-16:茂木

ちょ……。
タイ??エェ━Σヾ(・ω・´;)ノ━!!!!

え、マレーシアは?セパンじゃないの??

何かあったんですかね。
DTMと車両規定が統一される関係上?単に契約が切れただけとか?
それにしても、タイとは……。早く情勢が落ち着くことを祈ります。


フォーミュラEはまだドライバーの発表はありませんが、既に参戦を希望するドライバーが集まって来ているようです。

マルコ・アンドレッティ
セバスチャン・ブエミ
カルン・チャンドック
ルーカス・ディグラッシ
マ・チンホワ
ビタントニオ・リウィッツィ
佐藤琢磨
エイドリアン・タンベイ

マルコはINDY、ブエミ、チャンドック、ディグラッシ、リウィッツィはF1にも出場していましたね。
琢磨選手は言うまでもなく、元F1、現INDYの選手。
マ選手は昨シーズンはケータハムのリザーブ・ドライバーを勤めていたそうです。

他には誰が参戦するのでしょう?
スタートが9月からなので、遅くても6月ごろには決まるのでしょうか?

フォーミュラEはピット作業と言うよりは、現状マシン乗り換えらしいので、これもどうなるのか気になるところです。



posted by detti at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2014年01月06日

【業務連絡……?】本年もよろしくお願い致します

去年は最後の最後までバタバタしてしまい、すっかり年末のご挨拶もせずに年が明けてしまいました。

年末は某脅迫騒動の犯人が捕まり、冬の陣も無事に開催されて本当に良かったです。
冬のスタッフさんでの一番のツボは『館これ』ジャンパーでした。最後尾札がプリントされていたのが、ものっそいツボ。

年が明けてからは、知り合いが世話になったオーストラリア人の娘さんが日本に来る、と言うのでその観光のお手伝いに、ここがいいだろうか、あそこがいいだろうかと散々歩き回って来ました。
日本大好き、と言う方だったので、楽しんでもらえたようで何よりです。


その割りには、あんまり体重減ってない……だ、と……?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


ともあれ、また今年も一年ちっくり精進していくつもりで居りますので、よろしくお願い致します。
次は夏に参陣の予定でございます。

この新しい年が、皆さんにとっても素晴らしい一年でありますように。

しかし、年末にシューマッハがスキーで事故に遭ったという衝撃的なニュースが……。
今のところは容態は安定しているものの、予断を許さぬ状況であるとのことで、心配でなりません。

無事に回復することを祈ります。

posted by detti at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年12月09日

Formula E

フォーミュラEってどんなもんか覗いたので、個人的メモ。

公式サイト:FIA Formula E Championship(http://www.fiaformulae.com/home

【開催カレンダー】
第01戦:2014年09月13日 中国(北京)
第02戦:2014年10月18日 マレーシア(プトラジャヤ)
第03戦:2014年11月15日 ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ)
第04戦:2014年12月13日 ウルグアイ(プンタ・デル・エステ)
第05戦:2015年01月10日 アルゼンチン(ブエノス・アイレス)
第06戦:2015年02月14日 アメリカ(ロサンゼルス)
第07戦:2015年03月14日 アメリカ(マイアミ)
第08戦:2015年05月09日 モナコ(モンテカルロ)
第09戦:2015年05月30日 ドイツ(ベルリン)
第10戦:2015年06月27日 イギリス(ロンドン)


全て市街地で行われるとのこと。ほほう……。交通規制とか、コース設置とか大変そう。
モナコは、F1と同じコースなのかな?それはまたそれで、違った楽しみ方が出来そうです。でも、5月9日にフォーミュラEやって、だいたいその後くらいにF1ですよね?
設置→撤去→設置、とか?もしかして、その辺カレンダー調整して続けて開催とか?ありそう……。


【参戦チーム】
DRAYSON RACING
CHINA RACING
ANDRETTI AUTOSPORT
DRAGON RACING
E.DAMS
SUPER AGURI FORMULA E
AUDI SPORT ABT
MAHINDRA RACING
VIRGIN RACING


一応開催概要としては、10チーム、ドライバーは2人ずつ、と言うのを想定しているみたいですが、最後のチームは何処なんでしょう?
アンドレッティとドラゴンレーシングが出てくるとは。INDYとはだいぶ違うんじゃないかと心配なんですが。どうなんだろう?
そして、ヴァージン。また社長CAの格好させられたりしないだろうな。
日本人に嬉しい、そして誰が乗るんだろう?と期待が大きいのは、スーパーアグリですね。

DRAYSON RACINGはイギリスのチーム。チームオーナーのPAUL DRAYSON卿(Lordついてる……)はイギリスの元『ビジネス・イノベーション・職業技能省』で『科学、及び研究』の長官(あってるかしら…)大臣(こう表現するのが正しいみたい)を務めていた人で、一方でル・マンにも出場したことのあるアマチュア・ドライバーだそうです。自分でチーム設立するってすごいなぁ。
そういえば、ライセンス何が必要なんだろう?F1と一緒とか?別につくるのでしょうか?

CHINA RACINGは、A1グランプリに出場していた中国のレーシングチームだそうです。A1グランプリはいうなれば「モータースポーツのワールドカップ」だそうで、マシンはフォーミュラカーを使用しているとのこと。現在A1グランプリは開催されていないそうですが、どんな走りをするのか楽しみでもあります。

E.DAMSはアラン・プロストとGP2に参戦しているフランスのチームDAMSが共同で作った、Formula Eのためのチームだそうです。DAMSには一時期中島一貴、小林可夢偉選手も所属していたらしいとのこと。

アンドレッティ・オートスポーツは、INDY以外にも色々レースに参戦していますし、個人的にはここも期待大です。

ドラゴンレーシングは、2013シーズンINDYでブルデーが活躍したチームでもあるので、どこまで出来るでしょうか。

AUDIもあちこちでレース参戦してますからね〜。ABTはアウディ専門にチューンナップしてるんですね。

個人的に最大の謎だった、MAHINDRAはインドのチーム。2011年にはMoto GPに参戦していたようです。

マシンは初年度のみルノー(Spark-Renault SRT_01E)を使用し、2015年からは各チームがマシンを作るんですね。なるほど。

ドライバーはまだ何処も発表がない模様。こちらも今後注目していきたいです。折角地上波で放送されますしね。日本人ドライバー出てこないかなぁ。

とりあえず、今から来年の手帳にチェックしておこうと思います。




【追記】
ポール・ドレイソン卿の記事発見。
【F1通信】英国の閣外大臣(ポール・ドレイソン)、レース参戦のために辞任(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51131102.html)※2007年の記事です。

ちょ……。ル・マン参戦のために辞任って。でも、やりたいことを諦めなかったってそれはそれですごいな。断然このチームに興味が沸いてきました。

【Moter Sounds 海外自動車最新速報】ポール・ドレイソン、EVプロトタイプレーサーで新しい速度記録に挑戦へ(http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51782858.html

【F1-Gate.com】ドレイソン・レーシング、フォーミュラEへの参戦を発表(http://f1-gate.com/formula_e/fe_17782.html
↑この記事は今年の1月でした。
posted by detti at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

F1ストーブリーグ

ダリオは引退、脇坂選手は戦力外通告。
各方面、ストーブリーグが激しくなっていますね。

一方で、電気自動車のレース、フォーミュラEが来年から開催されることになり、佐藤琢磨選手が開発ドライバーになったとか。しかも、テレビ朝日が放送予定。一体どんな感じのレースになるんでしょう。SFとかサイバーパンク傾向好きとしては、ちょっとワクワクです。

F1のカレンダーが更新されましたね。
【Formula 1 Official Site】FIA confirms revised calendar for 2014(http://www.formula1.com/news/headlines/2013/12/15328.html

03月16日: オーストラリア(メルボルン)
03月30日: マレーシア(セパン)
04月06日: バーレーン
04月20日: 中国(上海)
04月27日: 韓国(霊岩)暫定
05月11日: スペイン(パルセロナ)
05月25日: モナコ
06月01日: アメリカ(ニュージャージー)暫定
06月08日: カナダ(モントリオール)
06月22日: オーストリア(シュピールベルク)
07月06日: イギリス(シルバーストン)
07月20日: ドイツ(ホッケンハイム)
07月27日: ハンガリー(ブダペスト)
08月24日: ベルギー(スパ-フランコルシャン)
09月07日: イタリア(モンツァ)
09年21日: シンガポール
10月05日: 日本(鈴鹿)ロシア(ソチ)
10月12日: ロシア(ソチ)日本(鈴鹿)
10月26日: アブダビ(ヤス・マリーナ)
11月02日11月09日: USA(オースティン)
11月16日: メキシコ(メキシコ・シティ)暫定
11月09日11月30日: ブラジル(サンパウロ)
11月23日:アブダビ(ヤス・マリーナ)

韓国、ニュージャージー、メキシコはなくなりましたね。
ニュージャージーは2015年を目指すなんて言ってますけど、不安。ニュージャージーのコースのここが問題、みたいな記事を読みましたが、コースのすぐそばにガラス張りのテナントビルとか、しかも立ってる位置が車道のギリギリだったりとかで、開催厳しそう……。
そして、日程最後の方は日本とロシアが逆転して、アメリカ、ブラジルの日程がずれて、最後にアブダビとかなり変更になっています。


一方で、F1の来季ドライバーがまだ全然整理できません。
【Formula 1 Offical Site】2014 driver line-ups - the story so far(http://www.formula1.com/news/headlines/2013/12/15324.html
レッドブル:ヴェッテル、リカルド
フェラーリ:アロンソ、ライコネン
マクラーレン:バトン、マグヌッセン(新)
ロータス:グロージャン、マルドナド(追突コンビ……)
メルセデス:ハミルトン、ロズベルグ
ザウバー:
ウィリアムズ:マッサ、ボッタス
フォースインディア:ヒュルケンベルグ
トロ・ロッソ:ヴェルニュ、クビアト(新)
ケータハム:
マルシャ:ビアンキ

マルシャはザウバーと合併かも?なんて話も出てますね。
それはなくなったのでしょうか?

来年はエンジンを含め、マシンが相当変わるようです。
【F1通信】2014年F1技術規約変更詳細(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51921634.html


そういえば、今年のモーターショー。ルノーのブースで、ルーテシア・スポールの映像を流していたのですが、F1ドライバーが出て来てて、子供みたいに楽しそうに乗っていた動画が、すごくよかったです。
いつかYoutubeとかにアップされたりするのかな。もう一度見たいです。
ライコネンが、グロージャンから鍵を奪うと、あっという間に車に乗り込んで走り去ってしまうとことか……^^;(ライコさん、ヒドイ……ww)
posted by detti at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年11月05日

【Wordpress】ログインで403エラー

Wordpressのテンプレートを自作して居る時に、遭遇しました。


記事の一部をカスタム投稿タイプにして、購読者としてログインした人にだけ公開する仕組みにしていたのですが、ローカル、テスト(レンタルサーバ)上では上手くいったのに、本サーバでは購読者としてログインしようとすると、403エラーになってしまうのです。


本公開と共に載せる記事のインポートやメディアの設定も終わって、よっしゃー!出来たぜ!と思っていた矢先のトラブルに、襲い掛かってくるあの物凄い「ガッカリ感」たるや。


思わずビールの栓を開けたとしても仕方ないですよね?ね?知らんがな




サーバは、テストも本サーバもロリポップ。
テスト環境の方は随分前から借りていて、本サーバは最近新しく借りた物。
本サーバは例のWordpressの大量乗っ取り騒ぎの対応後にWordpressをインストールしていました。

で、このログインに関しては、プロフィールやパスワード変更をしてもらいたくないので、ダッシュボードへのアクセスを出来ないようにしていました。
自前で固定ページにログインフォームを設置し、wp-login.phpへユーザとパスワードを渡し、正しくログインできたら、指定のページへリダイレクトする、と言う仕様にしていました。


どうやら、ロリポップはWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアーウォール)機能を導入したそうで、購読者権限でwp-login.phpを経由したのが原因だった模様。サーバのWAF機能のログを見ても、ばっちり

「ブロックしましたぜ!(。+・`ω・´)シャキィーン☆」

と言うログが出てまして……。

この現象について調べてみると、Wordpressの管理者なのに403(アクセス拒否)エラーが出る、と言うものが大半でしたが、自分は管理者としてはログインできていたので、調べた現象には近いけど、ちょっと違う。
違うけど、wp-login.phpはアカン、と言うのははっきりしていたので、そこを経由しない方法でないと、解決しそうにないな、と言うのまでは判りました。


そこで、ログイン管理のプラグインを使ってみることにしました。
最初は「wp-members」を使ってみたのですが、任意のURLにリダイレクトが出来なかったので使用を諦め。

「Theme My Login」でなんとか希望に合う動きをしてくれました。
このプラグインでは権限ごとにリダイレクトする先を設定できるので、ありがたかったです。
自動的に作られる、ログイン、ユーザ登録などの固定ページを消し、ログイン部分の「ショートコード」を自前のログインページに張り付けました。

また、ログイン部分のphpファイルを独自にカスタマイズしても良い、と言うことだったので、パスワード記憶、パスワード紛失時の手続きページへのリンクなどの項目を消しました。

管理者でのログアウト後の動きがイマイチなのですが、購読者向けの環境としてはきちんと整ったので、よしです。

Theme My Loginと、WP-Membersのコードを拝見して思ったのですが、プラグインを使用せずに自前でログインを管理したい場合は、wp-login.phpを経由してログインをしないで、「wp-signon」関数と、リダイレクトの処理を書いて、フォームのボタンで実行させるようなコードを書くのがベストかも知れません。
(自分で試してないので、イマイチですが。時間があって出来たらまた別途記事を書いてみたいと思います)


<参考記事>
【Wordpress奮闘記】WordPress「Forbidden 403 エラー」のほとんどが解決する3つの対処法(http://wordpress.e-joho.jp/archives/437
【HASHコンサルティング】ロリポップ上のWordPressをWAFで防御する方法(http://blog.hash-c.co.jp/2012/12/how-to-protect-your-wordpress-on-lolipop.html
【ロリポップ】WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)を導入いたしました(http://lolipop.jp/info/news/3896/
posted by detti at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

F1はヴェッテルがワールドチャンピオンに

INDYはスコット・ディクソン、F1は前回のアブダビGPも含め、3戦を残してヴェッテルがシリーズチャンピオンになりましたね。

ヴェッテルは本当に強いなぁ。

ディクソンは、と言うよりターゲット・チップ・ガナッシがシリーズ後半から凄い追い上げでしたね。

佐藤琢磨選手は初優勝以降、マシントラブルや作戦が上手くハマらなかった時がありました。来年はどうなるのかなぁ。個人的には来年もAJ Foytでやって欲しいんですが。

まだシーズンが終わってない物もありますが、ストーブリーグも活発になってきました。

まずは来年のカレンダー。

【F1】
03月16日: オーストラリア(メルボルン)
03月30日: マレーシア(セパン)
04月06日: バーレーン
04月20日: 中国(上海)
04月27日: 韓国(霊岩)暫定
05月11日: スペイン(パルセロナ)
05月25日: モナコ
06月01日: アメリカ(ニュージャージー)暫定
06月08日: カナダ(モントリオール)
06月22日: オーストリア(シュピールベルク)
07月06日: イギリス(シルバーストン)
07月20日: ドイツ(ホッケンハイム)
07月27日: ハンガリー(ブダペスト)
08月24日: ベルギー(スパ-フランコルシャン)
09月07日: イタリア(モンツァ)
09年21日: シンガポール
10月05日: ロシア(ソチ)
10月12日: 日本(鈴鹿)
10月26日: アブダビ(ヤス・マリーナ)
11月09日: USA(オースティン)
11月16日: メキシコ(メキシコ・シティ)暫定
11月30日: ブラジル(サンパウロ)


メキシコとニュージャージーは、ムリなようですね。

【INDY】

03月30日 St.Petersburg[Florida](ストリート)
04月13日 Long Beach[California](ストリート)
04月26日 Barber Motorsports Park[Birmingham/Alabama](サーキット)
05月10日 Indianapolis[Indiana](サーキット)
05月25日 Indianapolis 500[Indiana](オーバル)※17-18日 インディ500予選
05月31日 Belle Isle Park[Detroit/Michigan](サーキット)
06月01日 Belle Isle Park[Detroit/Michigan](サーキット)
06月07日 Texas Motor Speedway[Texas](オーバル)
06月28日 Reliant Park[Houston/Texas](ストリート)
06月29日 Reliant Park[Houston/Texas](ストリート)
07日06日 Pocono Raceway[Pennsylvania](サーキット)
07月12日 Iowa Speedway[Iowa](サーキット)
07月19日 Toronto[Ontario](ストリート)
07月20日 Toronto[Ontario](ストリート)
08月03日 Mid-Ohio Sports Car Course[Ohio](サーキット)
08月17日 The Milwaukee Mile[Wisconsin](オーバル)
08月24日 Sonoma Raceway[California](サーキット)
08月30日 Auto Club Speedway[Fontana/California](オーバル)




スーパーGTとかはまた発表になったら、またメモ代わりに載せようと思います。
posted by detti at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年09月11日

ライコネン、2014年はフェラーリから

とうとうドコモからもiPhoneが販売されますねぇ。
正直『今更』って感じですが。

それでも、何故ドコモから販売されないんだ、と思っていた身にとっては、やっとか、と言う感じですが。

iPhone5cは予約を受け付けるみたいですが、5sは予約なしの当日販売だけのようなので、今日からでも近所のショップに並びたいところですが(冷静になれ)
ともかく、料金体系がどうなるかを待ちたいと思います。

場合によっては、他のキャリアも考えようかな、と。


おっと、本題を忘れていました。

とうとうマッサは2014年フェラーリを離脱することになったようです。
そして、彼の代わりにライコネンが復帰するとのこと。

どっちも「俺がファーストドライバー」と言うのは譲らないでしょうから、来年どんなレース展開になるか、楽しみです。
エンジンも変わるので、マシンの仕上がりや今年までの上位チームがどうなるか、そちらも楽しみです。

レッドブルは、引退するマーク・ウェーバーの変わりにダニエル・リカルドが参入。
ライコネンが抜けたロータスは、ヒュルケンベルクを候補として考えてるようですね。
他のドライバーの話がまだあんまり出てないので、情報を注視していきたいと思います。

そういえば、マーク・ウェーバーが前回のTOP GEARにゲスト出演されてましたね。
色々突っ込まれてましたが。誤魔化しきれなかった辺りが、今の彼の心情を表しているのかなぁ?
ともあれ、有名人レース、チームメイトに勝ててよかったですね。


posted by detti at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年08月26日

INDYCAR 第15戦ソノマ、ウィル・パワーが今季初優勝

と言うわけで、ウィル・パワー優勝おめでとうございます。

っても、レース自体は夏休み明けのせいなのか、荒っぽいこと荒っぽいこと。
結局フルコースコーションが七回。
リスタート直後に、ボコボコ当たる当たる。凄かったです。

なにより、琢磨選手が二回も避けきれない状況でクラッシュに巻き込まれたのが残念でした。
一度目はなんとか直して、出走したものの、二度目のチャーリー・キンボールとの接触。
ピットに戻ったものの結局リタイアしてしまいました。
中々調子が出てこないですね。


今回は、スコット・ディクソンのペナルティが、今後物議を醸しそうです。
スコット・ディクソンがピットアウトした時に、すぐ前方のウィル・パワーのピットクルーが
持っていたタイヤに接触。走り出したディクソンのタイヤに触れた勢いで、パワーのクルーが転び、
リアウィングを持っていたクルーを巻き添えに転倒するという騒ぎがあり、
結局けが人が出た、と言うことでトップを走っていたディクソンに、ドライブするーのペナルティが課されました。

ディクソンのせいなのか、ウィル・パワー側のピットクルーのせい(色々戦略的な部分を含み)なのか、
判断が難しいところですが、なににせよみんな安全第一でやってほしいものです。


次は来週のボルティモア。
琢磨選手が調子をここで取り戻してくれると良いのですが。


posted by detti at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年08月13日

業務連絡なのです。


重い荷物を持っていたら、左肩が痛くて上がらなくなりましたとさ……orz


しかも、某所には二週続けて通い、しかもどちらも荷物が重くて、肩の不具合画二週間続いていると言う……。
なんだか、業の深さもここまで極めると、いっそ突き抜けた感があります(ねぇよ!)


ラジオ体操第一、第二を真面目にやるべきかと、真剣に検討しています^^;←ところどころ覚えてないけどね



冬のお知らせに『寝床屋の店開き』を、そして今回の新刊情報に『寝床屋既刊本一覧拵』を更新いたしました。
詳細は、『諸国物見寄席萬有(本屋敷)』よりどうぞ。


posted by detti at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

2013年08月12日

夏の陣終了しました



まだ明日三日目がありますが。
寝床屋、無事に夏の陣終了致しました。
お寄り下さった皆様、お手にとって下さった皆様、有難うございました。
少しでも楽しんで頂ければ幸いです。


土曜、日曜と物凄く暑かったので、月曜日もどうぞお気をつけておいでください。
日曜はサークルスペースに座っていたのがほとんどなのですが、ガチガチに凍らした ペットボトルを二本飲みきりました。
そして、外の方が暑い。って言うか、痛い
うちわ、タオル、保冷剤とか冷やせる物、帽子や女性ならストールなど日差しを遮れるもの、忘れずにお持ちください。



さて、次回の○○エさん……、じゃなかった。
C85ですが、今回は残念ながら参加を見合わせることになりました。
誠に申し訳ありませんが、何卒ご容赦くださいませ。

色々事情はあるのですがね。
例えば、大晦日とか。大晦日とか。(大事なことなので二回言いました……?)

また皆様の前に上がらせて頂けますように。



そう言えば、手前共はキンコースでコピーをするのですが、そこが導入している、「コニカミノルタ」の「Bizhub C754」と言う機種が、もう優秀で優秀で。

小冊子設定したら、順番に並べた原稿を流しただけで、中綴じ冊子用にコピーが仕上がってくるのですよ!

なんて素晴らしい。

もう面倒くさい面付けいらない!
縮小コピーして、原稿並べて、試し刷りして……って苦労が不要になりました。

とはいえ、普通に小冊子設定で折り目の所の余白消しがどうなってるのかが判らないので、万能とはいえないのですが、でも物凄く便利です。

そんなワケで、今後のために設定メモ。
原稿A4、刷り上りA4(A5見開き)

応用設定→E)レイアウト→小冊子→小冊子設定を「ON」→右開き(必要な開きを選択)、紙折・中綴じを好みで選択→用紙にA4(横向きが手差しの場合は、手差しを選択)→原稿A4

これで縮小率も勝手に設定してくれます。

今度また使う時は、真ん中の余白消し設定がどうなっているか、確認してみようと思います。
posted by detti at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。