2011年07月16日

『彷徨える艦隊6』

『彷徨える艦隊6 巡航戦艦ヴィクトリアス』 ジャック・キャンベル 月岡小穂(訳) ハヤカワ文庫



いやー。長かったですね。
一世紀を越す、シンディックとの戦争。

人の力で、自分が自分でない何者かにさせられてしまうような焦燥感。

異星人の謎。

デシャーニとの関係。


それらに全部ケリがついて。
良かったなぁ、ジョン・ギアリー。彷徨わなくて良くなったんですね。


ホント、長かった。






あ、この後ちょっとネタバレしますので、まだお読みでない方、人の感想読むと嫌になってしまう方は、ご注意下さい。









って。

続編ですってよ、
奥様!Σ( ̄Д ̄;;




って言うか、
終わってなかったんかーい!





まぁね。
あれでは終わらんでしょ。

ええ。判ってました。判ってましたとも。




判ってましたけど、
何か?ヽ(`Д´)ノウワァァァン







イヤ、マジですね。
異星人が隠したがっていることを見抜いて、撃退したは良いですが、結局依頼は半分で。
情報を集めるのはまだなんですよね。

なので、続編。
"The Lost Fleet: Beyond the Frontier: Dreadnaught"

未知なる星々の果て、とか、未知の星系の向こうへ、とかですかね。

彷徨わなくて良くなったけど、今度は異星人を突き止めるのに彷徨うと。
今後のシンディックとの関係も考えると、逆にこの後からの方が長いかな?
デシャーニと、リオーネとのピリピリする関係もちょっとまだ注目ですし。


ともあれ、続きを楽しみにしたいと思います。


4150118043彷徨える艦隊〈6〉巡航戦艦ヴィクトリアス (ハヤカワ文庫SF)
ジャック キャンベル Jack Campbell
早川書房 2011-04-05

by G-Tools




【丁稚@ブログ】『彷徨える艦隊』 http://dettiblog.seesaa.net/article/137911647.html

posted by detti at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック