2009年11月06日

mixiアプリ開発 其の壱

本棚の整理も終わっていないというのに、mixiアプリの作り方を調べております。(うん、現実逃避?)
とりあえずは、開発環境。
色々サイトを探しながらやっております。

ええと?
まずは、OpenSocialと言うものを使うと開発が出来るらしい。
加えて、OSDE(OpenSocial Development Environment[OpenSocial 開発環境])っちゅーのを、Eclipseに追加すると、開発がかなり楽に出来るらしいとのこと。ほうほう。
OSDEを使うと、いちいちサーバにアップして、確認して、と言うことをしなくても自マシンで確認が出来て良いらしい。
でも、後々の記述を見ていただくと判るのですが、ネット上の環境を使用しているみたいなので、ネットにマシンが繋がってないと、多分無理かも?

で、ここで色々わからんちんになってきたので、一回整理。

mixiアプリは、JavaScript+XML+HTML+CSSで作れるらしい。
OSDEはOpenSocial アプリを自分のマシン上で開発できる。
OSDEはEclipseのプラグイン。
Eclipseは、フリーのJava、PHP、C/C++とかの統合開発環境らしい。
Eclipseを動かすには、Java環境が必要。

よって、
1)Javaをインストール。
2)Eclipseをインストール。(かつ、面倒なので日本語化してしまう。これは、PleiadesのAll-in-One版を使用。)
3)OSDEを追加。
4)やっとアプリ開発

と。道のり長いな!
ついでに、ベストエフォート1MBのADSL環境じゃぁ、ダウンロードの道のりも長いっス^^;

てな訳で、
・Windows XP Pro SP3
・JDK 6 Update 17(Java)
・Eclipse 3.5.1 Galileo Pleiades All in OneのUltimate版(Eclipse & 日本語化パッチ)
・OSDE 0.3.0

てな感じの環境を作りました。あ、因みに外付けHDDに作りました。
って言うかですね、昔からなんかインストールする時は、とにかくフルフルバージョンにせよ、と言う諸先達に教育されたせいか、何でもかんでも「全部」をインストールする自分。Eclipseは特に、やりもしないだろうPHPとかC++とかも全部使えるバージョンにしてしまいました。がめつい?

各プログラムのインストール方法は、下記の参考サイトをご覧ください。


【参考サイト】
[@IT]「基礎から分かる、mixiアプリ作成入門」
http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/index/index_mixiappli.html
→ まずは、ここの連載記事から放浪が始まりました。
  簡単な、Twitter風アプリの作成からお勉強です。。

[kur.jp]OSDE(Open Social Development Environment)が便利すぎる
http://kur.jp/2009/08/13/osde%EF%BC%88open-social-development-environment%EF%BC%89%E3%81%8C%E4%BE%BF%E5%88%A9%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B/
→ まずはOSDEに出合ったきっかけのサイトです。

[tech.kayac.com]OSDE(OpenSocial Development Environment)を使った開発環境Tips(面白法人KAYAC)
http://tech.kayac.com/?tag=osde
→ここも同じOSDEを知るきっかけとなったサイト。

[MIXI アプリ 大全集]OSDE のインストール: ウィンドウズで Eclipse 3.4.2 と Java 1.6 を用いた方法
http://mixiapp.rash.jp/wp/?p=15
→ここで、OSDEをインストールするだ!と思い立つ。
 OSDEのインストールは全てここを参考にしました。

[tkcoder blog]OSDEをちょっぴり使ってみることにしました。
http://tkcoder.blogspot.com/2009/08/osde.html
→ここにも、OSDEのインストール方法が記載されています。

[@IT]<【改訂版】Eclipseではじめるプログラミング(1)>Eclipse 3.4で超簡単Javaプログラミング基礎入門
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/java5eclipse01/java5eclipse01_1.html
→ JavaとEclipseのインストール方法の説明。

デジモノ狂想曲!「mixiアプリを作ってみようと思うんだ」
http://blog.altemasoft.com/
→現在、その1からその8まで連載されています。凄い参考になります。

【ダウンロードサイト】
<Eclipse>
Eclipse(公式サイト)
http://www.eclipse.org/

2009年11月現在、Galileo Packages (based on Eclipse 3.5 SR1) が最新版のようです。(190MB)

<Eclipse日本語化パッチ>
Pleades−Eclipseプラグイン日本語化プロジェクト
http://mergedoc.sourceforge.jp/

って言うか、Eclipse本体込みのパッケージもあるので、ここから一発でダウンロードすれば良いのではと言う話も。
Galileo3.5全部ありパッケージ(Eclipse 3.5.1 Galileo Pleiades All in OneのUltimate)をダウンロードしました。(← 因みに、900MB超)
因みに、解凍先のパスが長すぎると、エラーが出るようですのでご注意ください。


[JDK]Java SE ダウンロード
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

JDKは、6(Update 17)が現時点では最新バージョンのようです。ここでは、JDKをダウンロード。(73.6MB)
ついでなので、JDKのドキュメントもダウンロードです。
JDKは、プラットフォームを選択。(自分の場合は、"Windows"です。64bitとか色々選択肢がありましたが、XPやVistaとかなら、普通のWindowsで大丈夫だと思います。Windows Serverとかが入っていたら、適宜適切なものを選択してください。)
ライセンス使用の同意にチェックを入れて、"Continue"をクリック。(ログイン箇所もありますが、特にログインしなくてもダウンロードできます。)
"jdk-6u17-windows-i586.exe"のリンクをクリックしてダウンロードします。

JDKのドキュメントも同様。今回は言語でJapaneseを選択し、ライセンス使用の同意にチェックを入れて、"Continue"をクリック、ドキュメントの"jdk-6u10-docs-ja.zip"のリンクをクリックしてダウンロードします。(59.2MB)

[OSDE]opensocial-development-environment
http://code.google.com/p/opensocial-development-environment/

2009年11月現在、OSDE 0.3.0の安定版(stable)が最新のようです。
New!の所のリンク(http://opensocial-development-environment.googlecode.com/svn/update-site/site.xml)
を、[MIXI アプリ大全集]の説明どおり入力します。
日本語化されていると、ちょっと違うみたいで、ヘルプ→新しいソフトウェアのインストールから表示される「インストール画面」で、作業対象の所に、上記のリンクを入力。
「追加」ボタンを押します。
サイトの名前を入れる画面が出てくるので、適当に名前を入力(自分は"OSDE"にしときました)、OKボタンを押します。
そうすると、「インストール」画面で"OpenSocial"が選択できるようになるので、チェックを入れて、「次へ」
OpenSocialの0.3.0バージョンが表示されるので、「次へ」を押し、ラインセンスに同意し、「完了」ボタンを押します。

なんか、OSDEは三回くらいインストールに失敗したのですが、最後にEclipseの再起動メッセージが出力されれば正常にインストールされています。

とりあえず、環境出来た〜。
一先ず、これから少しずつ動かして行きたいと思います。
posted by detti at 21:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
この記事へのコメント
Posted by galvin at 2010年10月27日 03:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132199470

この記事へのトラックバック